自然が身近にある家庭菜園

注文住宅では、自宅の建物の設計自由度が高く、またその自由度は建物ばかりであるとはありません。一戸建て住宅にとっては、建物周辺に存在しているエクステリアもまた魅力の一つなのです。注文住宅のエクステリアとしては、家庭菜園も作ることができます。作物を育てることは自然を身近に感じ取ることができる機会でもあります。また、子供がいる家庭では、食育の一環としても、家庭菜園のエクステリアが一役買ってくれるでしょう。

駐車場が便利な注文住宅の周辺設備

車は、移動や運搬の手段として重要なツールです。しかし、特に都市部では駐車場の確保に大きなコストがかかります。注文住宅に駐車スペースを設けることができるのは、車を維持していく上で重要です。また、駐車場としてカーポートを整備したり、あるいは車を収容することができるガレージを設けることも可能です。大切な愛車を守るためのエクステリアであるだけに、多少のコストをかけてでも設備を充実させる意味が十分あります。

家の顔になる玄関のエクステリア

人が住宅へと出入りする主な入り口であるのが玄関であり、家の顔として重要なポイントであるのは間違いありません。そのため、玄関周りのエクステリアを充実させることには、高い効果があります。玄関の周辺に照明器具を設置する事で、夜間の外出や帰宅時に安全が確保できます。また、明かりがある事は防犯上でも有利であるといえます。さらに、玄関にセキュリティ性の高いロックシステムを導入して防犯効果はさらに高められます。

都内で一軒家を建てる場合、やはり土地が高いので余程収入がない限り満足いく広さの土地や住宅が建てられない事も多いです。都内からは離れますが神奈川での注文住宅なら都内で買うよりも広い土地や住宅にお金を掛けれますから自身の書斎部屋なんかも作れます。