ライフスタイルは変わったけれど

かつては親と同居している世帯もたくさんいましたよね。しかし今はライフスタイルの変化から、いわゆる核家族化がますます進行しています。核家族はそれはそれで良い面もたくさんあるかもしれませんが、親と同居するということも、子供の面倒を見てもらえたり、いざという時に助け合えたりなど、いろいろなメリットがあるものです。最近では、注文住宅によって二世帯住宅を作る家庭も増えています。二世帯住宅には、また親と同居といったものとは違った良さがあるものですよ。

二世帯住宅の良いところ

二世帯住宅では一つの土地の中に二つの世帯が住むことができる居住形式ですね。単独では土地を購入することが難しかったりする場合などに、二世帯住宅ならば土地の購入費用も浮き、より設備投資もしやすくなるとも言えます。同じところに二世帯が暮らしていながらも、設備を共有しているためにコストが削減できるなどのメリットもありますよ。融資についても優遇される傾向があり、親子二世帯で返済をリレーしていくといった返済方法を選ぶこともできたりするので、より長期の返済計画も立てやすくなっています。

注文住宅で二世帯住宅

注文住宅で二世帯住宅を作るというときには、いろいろなパターンが考えられます。たとえば、同居型です。同居型であれば、設備を共有して使うためわざわざ設備を2つ導入する必要もなくなります。水回りの共有が可能であるので、面積を確保しやすくもあります。お互いに協力し合えるところもメリットと言えるでしょう。部分共有型は注文住宅の力をいかんなく発揮できる居住形式です。共有部分と独立部分を自由に分けることによって、プライバシーを確保したりなど、両世帯のバランスの取れた住まいづくりが可能でしょう。

注文住宅は工務店に相談をすれば予算に合わせて設計や見積もりをして貰えるので実績が豊富な場所に訪れてみると良いでしょう。